住宅退去時のトラブル体験談は、返還されるべき敷金を返して貰えなかったので、民事で敷金返還の少額訴訟を裁判所に起こすと共に、警察に詐欺として大家と不動産会社を訴えた事があり

住宅退去時のトラブル体験談
住宅退去時のトラブル体験談

住宅退去時のトラブル体験談は・・・(男性32歳)

住宅退去時のトラブル体験談は、返還されるべき敷金を返して貰えなかったので、民事で敷金返還の少額訴訟を裁判所に起こすと共に、警察に詐欺として大家と不動産会社を訴えた事があります。
大家と不動産会社は、不当な修繕費名目で敷金からお金を取ろうとしていましたし、原状回復の範囲を超えて請求しているのはあきらかでしたので、敷金を返還するよう大家に伝えても聞く耳を持たなかったので訴えました。
少額訴訟を起こせば、敷金の返還命令が裁判所から下りますので、お金は取り戻せます。同時に警察にも私は訴えて居たので、不動産会社と大家に警察から連絡が行き、どちらも手を返したように全額返還すると言って来ました。

不動産会社は暴力団の関係会社だったらしく、私が警察に訴えたので敷金は全額返還をするように大家に勧め、今後一切この問題に関知しないと言う話になりました。
大家は警察に訴えられてびっくりしたのか、訴えを取り下げてくれと電話で言って来ました。
私は「告訴は取り下げない」と伝えると、翌日大家が部屋に敷金を全額現金で持って来て、「訴えを取り下げてくれ」と泣きながら土下座をしていました。

私は敷金だけ受け取って大家を追い返し、警察に電話をして事情を説明し、告訴は取り下げないと言う事を警察に伝え、後は警察に任せる事にしました。
警察の話によると、その後大家は詐欺罪で起訴されたようで、執行猶予の付いた判決が下ったそうです。