賃貸物件の契約を終了し、部屋から出る時にトラブルが起こる可能性があるのが、敷金トラブルです。

住宅退去時のトラブル体験談
住宅退去時のトラブル体験談

賃貸物件の契約を終了し・・・(男性30歳)

賃貸物件の契約を終了し、部屋から出る時にトラブルが起こる可能性があるのが、敷金トラブルです。

よく部屋の壁紙が汚れているから敷金を返却してもらえないという体験談や、自分が付けてしまった壁傷があることから、敷金からお金をとられてしまうなどの体験談もあります。こうした体験は、誰しもに起こる可能性があると思います。何故なら、賃貸生活をしていると壁が汚れてしまうことだってありますし、普通に生活をしているだけでも、部屋は汚れていくものなのです。

なので、最初に入居する時に傷や汚れがある箇所は写真に収めておくことは勿論、自然な範囲で付いた傷に対しては問題ないとして、敷金を取り戻す必要があると言えます。最悪お金を払うことになっても、大家が出す見積もりにそのまま飲むではなく、自分が見つけてきた修繕会社に依頼をするのがベストであると言えます。その方が、問題箇所だけを修繕するので安く付くと思うからです。

何事も相手の言うことをすぐに鵜呑みにせずに、自分の頭で考えて行動をすることが、退去時には大事だと思います。