賃貸していたアパートを出る時に敷金が戻らなかったなど、敷金がらみで揉めたとの話を、たまに耳にする。

住宅退去時のトラブル体験談
住宅退去時のトラブル体験談

賃貸していたアパートを出る時に敷金が戻らなかったなど・・・

賃貸していたアパートを出る時に敷金が戻らなかったなど、敷金がらみで揉めたとの話を、たまに耳にする。
賃貸物件を出る時には「原状回復」という悩ましい言葉もある。これは、賃貸契約が終了した時に、借主は部屋を元の状態に戻し明け渡さなければいけない、というものだが、簡単に言うと『賃借人が賃借物(部屋)の中に設置した家具やエアコンを取り除く』といった意味しかないそうで、古くなって汚れた壁紙を張り替えるなどといった義務はないそうだ。つまり、賃借人自身が設置した家具やエアコンなどを取り外して、次の人が入居できる状態にすればいいとのことだが、大家さん貸借人の間に認識のずれがあると大トラブルになりかねない。
私も、住まいは賃貸なので、部屋、特に壁や床は汚さないように気をつけて住んでいる。以前、全部お任せのパックで引越しを頼んだ時に、全ての荷物が部屋から無くなった後、部屋を掃除する道具も無いことに気が付いた。台所のレンジフードなどは油でベタベタ。途方にくれていたところ、引越し業者さんが手伝ってくれて掃除は終了。
「立つ鳥跡を濁さず」とはまさにこの事か。長い間お世話になった部屋を、きれいにして返すのは当然の事。また、それがトラブル防止に繋がると思う。